所沢風俗佐山 しごき

  • 投稿者 : イシムガン
  • 2014年10月21日 7:01 AM

「うれしいわ。やっとお金がよいことをしてくれて」わたしはローターに、きみがこんなことをするのは両親に対する仕返しだろう、といってやった。風俗嬢のようにひねくれたかわいい金持ち娘を、前にも知っていたからだ。するとローターは、にっこり笑って、こういうのだった。「母は、あなたのこと、とても気に入ると思う」生まれてくる赤ん坊についても警告した。われわれはふたりともあれだけの酒とドラッグを身体に入れているのだから、なんらかのダメージを受けていないわけはない、とわたしはいったのだ。赤ん坊はその不行跡を思い出させてくれる生き証人になるだろう、と。しかし、ローターはにっこり笑ってこういった。「あたし、馬みたーいに健康よ・あなただって、そう。でなかったら、あなた、何年も前に死んでたはずだもの」そして風俗嬢は、物語を始めた。長い午後いつぱいをかけて、わたしは何度も何度もその物語をくりかえさせた。刑事がするように訊問し、良を仕掛け、これまでの話はすべて嘘でしたと風俗嬢が認めることに望みをつないでいた。「最初に会ったとき、あたし、何日も眠ってなかったの」ローターはいった。一ーすごくハイになってて、幻覚もすごかった。とんでたのね。ひとりっきりでここにいて、絵を描こうとしていて、何時間も何時間も、人っ子ひとり、表に見かけなかったの。赤の他人が通りすぎていくのさえ、見えなかった。所沢 風俗というだあれもいない・横になってみたら心臓がすっごくどきどきして、このままいくと破裂してしまうんじゃないかと思った。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。